HOME > 診療科目ご案内 > 糖尿病・生活習慣病
診療科目ご案内
糖尿病・生活習慣病
糖尿病の早期発見の方法や治療法、予防法をご紹介
糖尿病・糖尿病予備群(境界型)とは…

糖尿病は、血液中の血糖値を下げるインスリンというホルモンの分泌量が減少したり、分泌量はあってもインスリンの効き目が悪くなったりして、慢性的に血糖値が高い状態が続く病気です。

糖尿病予備群 (境界型)は、日本糖尿病学会の診断基準で使う伝統的用語です。ただちに糖尿病とは診断できないが、健康上まったく問題がないかと言えばそうでもないグレードゾーンを意味します。

一般的に糖尿病を含む生活習慣病は、悪い状態を放置していると、合併症が起こって命とりになったり、日常生活の制限につながったりします。そうなる前に生活習慣の改善・治療によって、合併症を起こさないようにすることが、治療の大きな目的の一つです。

糖尿病発症前の糖尿病予備群の時から動脈硬化が進行することがわかっていますので、早期に発見して早期の対策が必要です。

患者数の推移について

糖尿病と糖尿病予備群の患者さんは年々増加の一途をたどっています。厚生労働省の2007年の調査では、糖尿病が強く疑われる人(糖尿病の人)が890万人、糖尿病の可能性を否定できな人(糖尿病予備群の人)が1320万人。合わせて2210万人になり、日本の20歳以上の5人に1人が、糖尿病および糖尿病予備群であることを意味しています。さらに2012年には、4人に1人が糖尿病とその予備群になると推測されます。(表1参照)

糖尿病疾患の推移

一般的に年齢が高くなるほど増加し、男性の方が女性より多くなっています。(表2参照)

我が国における男女別年齢別糖尿病者の割合(2002年)
早期発見の方法

地域の健康診断などを積極的に受けていただくか、かかりつけの医療機関で定期的に尿検査(食事後の方が良い)や血液検査(朝食前が良い)を受けていただきたいと思います。尿検査で尿糖が陽性の場合や、朝食前の血液検査で血糖値が110mg/dl以上の場合は、精密検査を受けてください。

健康な人はどんなに暴飲暴食しても血糖値が160mg/dlを超えることはありません。尿中に糖が認められた場合は、一時的にでも血糖値が180〜200mg/dl以上に上がったことを意味します。

また、朝食前の血糖値は、健康な人なら70〜109mg/dlですが、糖尿病および糖尿病予備群の患者さん達は、110mg/dl以上になります。精密検査である75グラムブドウ糖負荷検査を受けていただき、正常か、予備群か、糖尿病かを判定します。

生活習慣が悪くて発症する2型糖尿病の予防法

日本人は、健康な人でも米国白人の半分くらいしかインスリンが分泌されず、もともと糖尿病になりやすい体質です。しかし、かつては脂肪分が少ない和食が中心で、体をよく動かしていたため、糖尿病になる人はあまりいませんでした。予防法としては、できるだけ多種類の食材を使って料理を作り、肥満にならない程度のカロリーの食事量と脂肪分の少ない食事をして、日ごろからよく体を動かすようにすれば、糖尿病になりにくいのです。

3大合併症について

血糖値が高い状態(HbA1c6.5%以上)を放置すると、動脈硬化はもちろん、糖尿病に特有の合併症(古典的3大合併症)を伴います。

具体的には、細小動脈や毛細血管、細小静脈が障害される細小血管症によって、網膜症(失明する、年4000人以上)や腎症(透析が必要、年約1万6000人)、神経障害(最悪の場合、足が腐って下肢切断に至る、年3000人以上)などが起こってきます。